1. ホーム
  2. 盛り上げるために
  3. ≫結婚式の二次会で幹事を頼まれて、ビンゴゲームをすることになりました。景品の選び方や進行の仕方を教えてください。

結婚式の二次会で幹事を頼まれて、ビンゴゲームをすることになりました。景品の選び方や進行の仕方を教えてください。

二次会で盛り上がる4人の男性のイメージ イラスト

新郎新婦の要望をきいておく

結婚式の二次会の中でビンゴゲームを行うことがよくあります。まずは主役となる新郎新婦の要望をよくきいておきましょう。

幹事さんにある程度の裁量はありますが、主役の要望をきいておくことは重要です。

準備しておくもの

ビンゴを行う場合、景品はもちろんですが、抽選機、ビンゴカードなどの備品が必要になります。抽選機などは会場のお店で用意できる場合があるので確認しておきましょう。

また進行に必要なマイクが準備できる会場なのかや、景品を並べておく場所があるかなども事前に確認しておきましょう。

予算を決める

景品や備品の予算は、会費に含めておくのがベターです。新郎新婦に負担してもらうなどではなく、参加者の皆さんに少しずつ負担してもらうのがよいでしょう。

新郎新婦に負担してもらう場合は、景品全額ではなく、特別賞など新郎新婦からというのがわかる形がよいでしょう。たとえば参加者が30人だった場合、会費に1,000円上乗せしたとすると30,000円になります。

上位の景品に予算の半分またはそれ以上をあてておくとサプライズ感があります。ただし景品は粗品程度でもよいので全員にいきわたるようにしましょう。

ビンゴゲームの進め方

はじめるタイミング

ビンゴゲームをはじめるタイミングは乾杯をして、少し座が崩れ始めた頃合を見計らってはじめましょう。マイクなどでゲームの開始を告げ、会場の皆さんに注目してもらいましょう。

役割分担をお願いしておく

ビンゴゲームを行う場合、司会進行のほかに、カードを配ったり、抽選機を操作したり、景品を渡したりということが必要になってきます。

司会進行は幹事さんがするとしても、すべての役割をひとりでするわけにはいきませんから、あらかじめこれらの役割を近しい友人などにお願いしておくとよいですね。

進行がスムーズでないと参加者が飽きてしまったり、盛り上がらなくなってしまいます。準備をきちんとして、当日はテンポよく進行できるようにしましょう。

結婚式の二次会でのビンゴゲームについて